お正月のしきたり・祝肴三種やお年玉の由来とは

お正月のしきたり・祝肴三種やお年玉の由来とは

お年玉

お年玉
お年玉の由来について簡単に述べます。元来お正月という年始行事は、新年の神様である年神様をお迎えするものであります。
その年神様が依りつき、魂が宿ると言われていたお餅を、その年の魂となる年魂として家長が家族に分け与えたのがお年玉の由来となります。
江戸時代になり、お餅だけでなくお金を渡すようになり、年始の贈り物全般がお年玉と呼ばれるものになりました。

門松

門松
門松とは、お正月に家の入り口に立てられる一対になった松や竹の飾り物であります。
お正月においては、本来神様(年神様)が地上に降りてくる日と言われ、門松は神様が私達の家に降りてくる時の目印として、飾られるようになったものであります。

ぞうに

ぞうに
お餅は昔から、お祝い事・特別な日に食べられてきました。新年を迎えるにあたり、お餅をつき他の産物とともに歳神様にお供えし、ご加護・恩恵を受けたものを元旦に、お下がりとして色々な材料と煮合わせますことからお雑煮と呼ばれます。
お雑煮を食べる時には、旧年の収穫や無事に感謝し、新しい年の豊作や家内安全などを祈願します。

祝い肴三

黒豆
おせちの「祝い肴三種」は煮しめ、焼き物、酢の物です。
それぞれ「黒豆」は魔よけや無病息災、「たつくり」は五穀豊穣、「数の子」は子孫繁栄と五穀豊穣を願って用いられています。
ただ地方によっては多少風習がちがうところもあります。
関東、関西によっても多少異なります。関西だと「数の子」,「黒豆」,「たたき牛蒡」の3つになります。

初詣

初詣
元旦に神社で初詣をすると、気分が清々しくなりますね。この初詣は、古くからの日本のしきたりのようにも思えますが、実は明治中期からの風習です。
日本では昔から、「年籠り」という習わしがありました。それぞれの家の長が、大晦日から元旦にかけての一晩をその家の氏神様のお社に籠って過ごすという習慣です。
いつしか一晩中籠るのではなく大晦日の夜と元旦の朝の2回に分けてお参りするようになり、この元日詣が今日の初詣となりました。
ちなみに江戸時代には、氏神様ではなく自分の家からみてその年の恵方にあたる神社へお参りに行くことも多く、これを「恵方参り」といいます。
関西では、恵方参りは節分の日に行われていました。鉄道が発達した明治中期になると、大きな神社等、自分の好きなところに電車で出かけるといったスタイルが定着しました。

お屠蘇(おとそ)

お屠蘇(おとそ)
お屠蘇とは、元旦の日に飲むお酒、とは少し違います。正しくは山椒、肉桂、防風、桔梗等の漢方ハーブを集めた屠蘇散というものを、大晦日の夜から日本酒やみりんに浸しておいて、元旦の朝に飲むものです。屠蘇散は年末になると薬局で売っています。
古くは遠く中国の唐時代に始まった習慣と言われていますが、日本で最初にお屠蘇が飲まれたのは平安時代です。屠蘇とは、蘇を屠るという意味で、蘇という鬼を飲んでやっつけてしまう、または鬼を飲んで自分の魂を生き返らせる等、様々な説がありますが、邪気を払い健康長寿を願って元旦に飲むものであることには変わりありません。

 

おせち 2017 お取り寄せ 早割

高級料亭のおせちが今だけお得!

銀座・割烹の「宝生」

神田川俊郎のおせち

銀座里仙のおせち 宝生はこちら

神田川おせちはこちら

銀座料亭・里仙

京都料亭・濱登久

里仙の生おせち 高砂はこちら

京都料亭・濱登久へ

東京銀座・里仙

2人用おせちで1位

銀座里仙はコチラ

2人用おせち 栄寿はこちら