おせちの中身 いわれ、歴史、由来

おせち料理の中身の解説

黒豆
黒豆
元気に働けますようにと言う意味合いがあります。
豆は、元々丈夫や健康を意味する言葉であり、「まめに働く」と言う言葉の語呂合わせにもなっているので、おせち料理には欠かせない定番の料理となっています。
なぜ入っているかを知ると、これまで以上におせちを頂く楽しみも増えるでしょう。

 

 

栗きんとん
栗きんとん
「金団」の字を当て、蓄財や生活の豊かさを願います。
昔は母の手作りで、彩りもちょっと地味、沢山作るから食べ飽きちゃって・・・なんて特別嬉しい物でも無かったのですが、大人になり、作る側、買う側の立場になると、日本の素晴らしき伝統食文化を守って行きたいですね。

 

 

紅白かまぼこ
紅白かまぼこ
それは昔山間部において、お魚は大変貴重なご馳走だったのでそれを加工したかまぼこは、おめでたい「ハレの日」にのみ食べられる貴重な物でした。
そのかまぼこに、おめでたい「ハレ」の意味を持つ紅色、神聖を意味する白色をつけ、分けて並べることでより一層おめでたい食べ物としたのです。

 

 

紅白なます
紅白と言う、めでたい席の定番である組み合わせの色を使用していることで、見た目からめでたさ、縁起の良さをアピールすることができるすぐれたメニューです。

 

里芋
里芋
子芋がたくさん付くということで「子宝」を連想させるため、縁起の良い食べ物として使用されています。

 

 

海老
海老
長いヒゲを生やし腰が曲がるまで長生きするようにという願いを込めて、入れられます。海老の赤色は、魔除けの色とも言われています。

 

 

れんこん
れんこん
未来のことを意識した食材としては、穴が開いていて先が見えることから「将来を見通せるように」といった思いが込められています。

 

 


鯛
ついては祝い物の定番でもあり、その名の通り「めでたい」にかけて祝い物であるおせち料理にも使用されたと一般にはいわれています。

 

 

ごまめ(田作り)
ごまめ(田作り)
肥料としてごまめ(小魚)を田んぼや畑にまいたことから、五穀豊穣を願ったものとされているからです。

 

 

たたきごぼう
たたきごぼう
軟らかく煮たごぼうを叩いて身を開くので、開運の縁起をかついだものとされています。
さらにごぼうは、細長く根を張るので、縁起の良い食材として他のおせちにも用いられることがあります。
いわれを知っていただくとおせちの味わいも更に増すでしょう。

 

 

煮しめ
煮しめ
煮しめがなぜ入っているかと言えば、お正月に欠かせない食材を色々煮付けることで、栄養のバランスがよくなることやお正月に主婦が忙しく料理を作らなくて済むようにと言う意味もあります。

 

 

伊達巻き
伊達巻き
せち料理の中には、結んであったり巻いてあるなど、かわいらしかったり美しい見た目のメニューが色々とあります。
伊達巻きもその一つですが、なぜこれを入れるのかと言うと、その見た目の鮮やかさもさることながら、昔は大切な絵や文書を巻物にしていたことから「学業に真剣に取り組む」「学力向上を願う」といった思いを込めることができます。

おせち 2018 お取り寄せ 早割

高級料亭のおせちが今だけお得!

 

祗園・料亭 岩本

京都東山 東観荘

大人気!中村屋の海宝の幸


73品目・「極」はこちら


60品目・ 「華寿千」はこちら

三陸釜石で1940年創業の中村家
中村屋のおせち

祗園・料亭 岩本

林祐人シェフ

京都料亭 道楽


昨年No.1の売上数「匠」を購入する


林裕人おせち 超特大宝船はこちら


道楽「新玉の息吹」はこちら