2017年度お正月の通販おせちの傾向とは?

2017年のおせちはどんな感じになっている?

2016年度に売り出される、2017度用おせちの傾向を調べてみました。
伊勢丹、大丸、匠本舗、三越、ホテルおせちのオークラなど、各社今年のおせちはお値段は据え置き、しかし、豪華さは増していく傾向です。

 

2016年6月に消費税の増大が先送りになったことが影響しているかもしれません。
増税で10%になれば、確実に消火に響き、いくらお正月でも今年は自分で作ろうかな・・・という方が増えてしまったかもしれません。

 

しかし、今年も8%のままということで、通販おせちは去年にもまして、豪華さを競うおせちになりそうです。
そうなると、2017年のおせちは断然楽しみですね!
昨年の2016おせちでもあわびや、ロブスターを加えた豪華なおせちが目白押しでした。

 

とくに匠本舗さんの鎮 東観荘さんからは7万円以上のおせちが飛ぶように売れたのは記憶にあたらしいところです。
フォアグラ、のどぐろなどを踏んだんに使用した「料亭おせち」はことしも人気になることは間違いでしょう。

 

そして、百貨店の高級おせちも並んで人気です。また、ホテルおせちはことし、さらに豪華になりそうな感じです。
料亭おせちに比べてホテルおせちはまだまだ認知度が少ないので、注文数も料亭おせちほどではありません。
ことしは挽回するべく、豪華でリーズナブルなお値段のおせちを出して欲しいですね!

 

現在おせちのバイヤーさんや、料亭の職人さんは徐々にお品定めをしているようです。
いやいや年末まで時間あるよ!

 

という声も聞こえそうですが、「あっという間に」すぐに12月になってしまうから恐ろしい!笑
各料亭、百貨店からのおせちの情報が出てきたら、随時アップしていきます!
お楽しみに!
トップページで2018年のおせちを確認する

おせち 2018 お取り寄せ 早割

高級料亭のおせちが今だけお得!

 

祗園・料亭 岩本

京都東山 東観荘

大人気!中村屋の海宝の幸


73品目・「極」はこちら


60品目・ 「華寿千」はこちら

三陸釜石で1940年創業の中村家
中村屋のおせち

祗園・料亭 岩本

林祐人シェフ

京都料亭 道楽


昨年No.1の売上数「匠」を購入する


林裕人おせち 超特大宝船はこちら


道楽「新玉の息吹」はこちら